インタビュー動画
園紹介
社会福祉法人中山福祉会 中山とびのこ保育園

2019年4月、仙台市青葉区中山地域の町内会・商店街が連携して社会福祉法人を設立し全国で初めて都市公園内に開園した保育園です。

認可保育園
宮城県仙台市青葉区中山2丁目17-1 とびのこ公園内
90名
導入時期

2020年7月~

導入範囲

年少20名
年中20名
年長20名

園の課題 : 従来型保育からの脱却園の課題:次世代のリーダーになっていく子どもたちを創る

子どもたちには、将来に役立ついろいろな武器を身につけて欲しいと思って保育しています。目の前に広がる大きな公園で身体を目いっぱい使ったり、勝負の楽しさや悔しさを体感させたり、ネイティブスピーカーと交流するこ とで外国に触れることに加え、ICTをアクティブに使う経験を通じて、これは達成できるのではと思っています。

導入のきっかけ
東北エリアで導入園が少ないこと!

スマートエデュケーションのセミナー参加して、カリキュラムの面白さに惹かれ、自分としてもICTについてもっと深く知りたいと思いました。今後は全国のきっつ導入園の先生とも積極的に交流し、いろいろな考え方を吸収し ていきたいと思います。

保育の頻度と教育方針

月に2回程度を目安にしています。月間の行事や担任の負担も考えつつ、早めにスケジューリングをするようにしています。

導入後で気づいたこと
子どもたちが周囲に気遣いできるようになった!

お友だちの発表を聞いたり、自分の想いを聞いてもらう機会が増えたことや、チーム全員で力を合わせて活動しないとうまくできない教材使ったりすることで、子どもたち同士で何かを考えたり、お友だちのことを考えながら活 動できるようになりました。

地域や保護者に園のことを発信するのがもっと楽しくなった!

子どもたちの一瞬一瞬を大切にしたいと考えているので、今までも地域や保護者に園のHPを通じて活動を発信してきました。きっつは自分たちの色を出すいいチャンスととらえ、ワクワクしながら発信をしていきます。

これから導入する園に一言

当園では、子どもたちの将来に繋がると思える学びを、職員が中途半端ではなくフルコミットして実践できるか吟味した上で採用していますが、その点できっつはその意義から使い方からも「満点」です。変化を怖がらず、どんどんチャレンジしていって欲しいと思っています。