KitS

園児向けのITを活用した教育カリキュラム こどもモードKitS

ニュース一覧に戻る 2017年6月20日

NHKが、当社カリキュラム導入園の活動を紹介
「ICT活用教育 幼稚園でも活用 ねらいは」~愛知県名古屋市

NHK名古屋放送局「ほっとイブニング」が、当社カリキュラム導入園の「慶和幼稚園(愛知県)」を取材。人気カリキュラムの「とりえ」を楽しむ園児らの様子や、園児、保護者のインタビューを収録し、この模様が2017620日に同番組内で紹介されました。

==番組での紹介を要約==
名古屋市には幼稚園の時期からICTを活用した指導をはじめているところがあります。園児達のICTの授業が公開されました。この日はタブレット端末を使ってステンドグラスを創ります。園児たちに早くから情報通信技術に慣れてもらうのが一つの狙いです。

学校法人慶和学園・伊東慶理事長「子どもたちが20年後、大人になった時にどういう力が必要なのか、どういう世の中になっているかを考えて、幼稚園から遊びを通してICTに触れていくことは大事ではないかと思い導入に踏み切った」。

ICTを使うと手順が簡単なため、繰り返し作品作りができます。ジーンズから青色を集めた園児、仲間と話し合いながら創ることで、「コミュニケーション能力」や、どんなモノからどんな色を集めるのか考えることで「創造性」を育むことも狙いです。

最後はみんなで鑑賞、力を合わせチームワークで完成です。

園児「色を撮るところが楽しかった」

園児「すごいきれいで涙が出そうになった」

幼児教育に詳しい、愛知淑徳大学の佐藤朝美准教授は「自分の表現の幅が広がる、そしてもう一つはチームワークで今まで行えなかった表現も発想も生まれてくることが起きるのでは、と思う」。

学校法人慶和学園・伊東慶理事長「今の段階で導入してよかったなと思っているので、さらにここから、ICT教育を積み重ねていってより発展させていって、先生にとっても子どもたちにとってもより良いものにしていきたい」。

この園ではICTを使った教育の充実を図っていくということです。

 

WEB : 慶和幼稚園

21世紀幼児教育カンファレンス2017開催レポート 幼稚園・保育園ICT教育カンファレンス2016開催レポート 幼稚園・保育園ICT教育カンファレンス2015開催レポート

「こどもモード KitS」の
ネーミングについて

株式会社スマートエデュケーションが国内向けに展開する知育アプリのブランド「こどもモード」から派生させた、「KIDS(子ども達)のIT体験カリキュラム」という造語。「子ども向けのIT」を意味する小文字化した「it」を、「K・I・D・S」の「I・D」部分に収めました