KitS

園児向けのITを活用した教育カリキュラム こどもモードKitS

<iPadでペーパークラフト>オリジナルのゾウさんを組み立てよう
カリキュラム紹介⑤

<iPadでペーパークラフト>
オリジナルのゾウさんを組み立てよう

1.ねらい

創造力

創造力

●自由な発想でオリジナルのゾウさんを描く。

チームワーク力

チームワーク力

●操作がわからないお友達や、工作が上手くできないお友達を助けてあげる。

ICT活用力

ICT活用力

●ICT(デジタル)を使ったものづくり(アナログ)を楽しむ。

2.活動概要

●全2回の活動です。1回目はアプリで、カラフルなペンやスタンプを使って象の模様をデザインし、完成した作品を展開図として保存します。
●展開図を印刷し、2回目の保育でペーパークラフトの象を完成させます。iPadで自分がデザインした象が立体工作になる驚きと喜びを感じられます。
●お友達同士で刺激を与えあいながら、自由な作品作りを楽しみます。

3.活動の流れ

1.まずは・・・

インドの象祭りなどの写真を見せることで、子ども達の関心を高めます。
Painted elephant" by brando.n is licensed under CC BY 2.0

2.象を描く

自分だけの象をデザインします。象が完成したら自動的に展開図となり保存されます。

3.展開図を印刷

2回目の保育までに、先生が展開図を印刷しておきます。

4.立体工作

2回目はハサミやノリを活用して展開図を組み立てます。最後まで諦めずに取り組む気持ちを育てます。

5.保護者も参加

園児達の活動ぶりを間近でみていただくことで、保護者のICT に対する理解も深まります。

6.作品鑑賞

みんなの作品を並べて、鑑賞しましょう。子ども達に工夫した点などをインタビューしてもよいでしょう。

4.活動のポイント

iPadでデザインしたものを実際の工作として完成させることで、モノ作りへの興味・関心を高めます。
工作は細かい作業が必要となりますが、最後まで諦めずに、心を込めて作品に 取り組む気持ちを育てます。
工作の時間を保護者公開日として、親子で一緒に作るようにしても喜ばれます。

使用するアプリ

「Gocco どうぶつえん」
※KitS 専用モードで使用

5.その他のカリキュラム紹介

21世紀幼児教育カンファレンス2017開催レポート 幼稚園・保育園ICT教育カンファレンス2016開催レポート 幼稚園・保育園ICT教育カンファレンス2015開催レポート

「こどもモード KitS」の
ネーミングについて

株式会社スマートエデュケーションが国内向けに展開する知育アプリのブランド「こどもモード」から派生させた、「KIDS(子ども達)のIT体験カリキュラム」という造語。「子ども向けのIT」を意味する小文字化した「it」を、「K・I・D・S」の「I・D」部分に収めました

←TOPページに戻る